腎臓病食の食事はバランスが大事|タンパク質を控えよう

和食

症状を改善させる方法

男性

栄養の摂り方を考える

腎臓病は食事療法が中心となります。腎臓病にはあらゆる原因があり、人によっても発症する背景は様々なものがあります。腎臓病になる多くの場合は、糖尿病を発症しその合併症で発症するパターンであると言われています。腎臓は、体中の水分をコントロールしたり体外に排出すべき老廃物をまとめる体の中でも重要な役割をしている臓器になります。腎臓病の症状改善には、タンパク質の摂取量に気を付けながら必要なカロリーはしっかりと摂取する食事が必要です。食塩の摂取を制限することが大事で、場合によっては水分やカリウムも制限する必要が出てくることもあります。慢性的な腎臓病の場合でも、食事管理を徹底して治療を受ければ症状を悪化させることなく過ごすことが出来ると言われています。

専門機関に依頼する

食事の改善は必要なことですが、毎日毎食しっかり計算しながら栄養を摂っていくことは困難になることが多いと言われています。そこで、管理栄養士に献立の作り方などを直接指導してもらうか、宅配食事を取り入れて専門の管理栄養士のつくった食事を摂るようにすると良いと言えます。食材や調味料などに気を使い、毎食計算しながら食事を作るとなると手間や時間がかかることも多く日常生活に支障が出ることもあると言われています。時間的な余裕がある場合は、管理栄養士の指導のもと自炊することも可能ですが、時間的な余裕がない場合やもっと楽に食事を摂りたい場合は、宅配食事も活用しながら日々の食事のサポートをしてもらうことが望ましいと言えます。

Copyright©2015 腎臓病食の食事はバランスが大事|タンパク質を控えよう All Rights Reserved.