腎臓病食の食事はバランスが大事|タンパク質を控えよう

和食

栄養素への配慮

女性

腎臓病の予防や治療のために必要なことは薬だけではありません。食事も大きなポイントです。それでは、どのような食事をすれば良いかというと、たんぱく質を含む食べ物を過剰に摂取しないことです。ごはん、でんぷん加工品、肉類を食べ過ぎないことです。また、カロリーを必要な分だけ確保するようにします。カロリーが少なくなると体内のたんぱく質は壊れてしまって老廃物になります。老廃物は排泄される必要がありますので、腎臓が働くわけですが、老廃物の量が多くなると、その分だけ腎臓が働く必要があります。そのため、腎臓機能の大きな負担になり腎臓病になる要因になってしまいます。たんぱく質が含まれないサラダ油、マヨネーズを使うと高カロリーなので注意しましょう。

塩分の過剰摂取も腎臓病の食事にとって大切なポイントです。塩分が含まれているかどうかは味付けでわかりますが、意外に知られていないことに加工食品に多く含まれている事実です。ハムなどがその典型例です。また、練り製品にも多く含まれています。たとえば、ちくわやかまぼこなどです。こうした食品ばかり食べないようにしましょう。さらに、味付けのときには調味料にも気をつけましょう。なるべく塩を使わずにしょうゆや酢や香辛料を使うようにします。こうした工夫で腎臓病の改善に相応しい食事になります。他にも、カリウムやリンの摂取を制限することも効果的です。カリウムは果物に多く含まれていてキウイが最も多いです。リンは乳製品に多く含まれています。

Copyright©2015 腎臓病食の食事はバランスが大事|タンパク質を控えよう All Rights Reserved.