腎臓病食の食事はバランスが大事|タンパク質を控えよう

老夫婦

塩分とカリウム

男性

腎臓病の食事療法で大切なことは塩分とカリウムの摂取量を制限することです。塩分は老廃物になって腎臓に大きな負担をかけます。また、カリウムも血液中に蓄積する傾向があります。カリウムはたんぱく質を控えたり食事に工夫をすることで制限可能です。

読んでみよう

栄養素への配慮

女性

腎臓病の治療のための食事において重要なことは老廃物を体内に蓄積する食事をしないことです。たんぱく質の過剰摂取とカロリー不足がその原因です。また、塩分の摂取にも制限をかけましょう。加工食品や練り製品に多いですので注意が必要です。

読んでみよう

症状を改善させる方法

男性

腎臓病は、タンパク質や塩分の摂取量に気を付けながら水分やカリウムに気を付けることも大切になります。食事の献立をつくる時は、管理栄養士の指導を受けたり宅配食事を活用すると楽に食事が出来るようになるので良いと言えます。

読んでみよう

たんぱく質とカロリー

腎臓病は食事に気を使うことが大切です。こちらの宅配サービスなら安心して食べることができてオススメですよ。

腎臓病の食事のポイントはたんぱく質を含む食べ物をあまり食べ過ぎないことです。具体的には、たんぱく質は米、パン、肉、魚などに多く含まれています。これらのものを過剰に摂取すると老廃物が蓄積してしまい腎臓に大きな負担になるのです。それというのも、老廃物は当然ながら排泄される必要があるのですが、その排泄機能を持っているのが腎臓です。そのため、老廃物が多くなると排泄するために腎臓が無理することになります。こうして腎臓病になるというわけです。そのため、その予防のためにも改善のためにも、老廃物になりやすいたんぱく質を過剰に摂取しないようにします。もちろん、大切な栄養素ですので、適切な量は摂取する必要はあります。

カロリーをしっかりと確保することも大切です。腎臓病になりやすい人というのは、カロリーを過剰に取っているからではないかというイメージがありますが、決してそうではありません。必要なカロリーを必要とする分だけ取り入れることも、腎臓病のための食事療法にとっては大切なことなのです。それというのも、カロリーが不足してしまうと、体内のたんぱく質が破壊されてしまって老廃物に転化してしまいます。そうなると腎臓機能に負担になってしまいます。それでは、どうしたら良いかというと、たんぱく質ではなく別の栄養素を食事で摂取することで、カロリーのバランスをはかります。たんぱく質の代わりに糖質や脂質を食事に加えると良いです。

Copyright©2015 腎臓病食の食事はバランスが大事|タンパク質を控えよう All Rights Reserved.